チワワの種類

チワワの種類

毛の長さ

 
チワワの種類はいろいろですが、「毛の長さ」に注目した場合は「スムースコート(短毛)」と「ロングコート(長毛)」の2種類に区分できます。スムースコートは短毛でつややかで滑らか。首の部分にはふさ毛があります。「アップルヘッド」と言われるチワワに特有のかわいらしい丸い顔が際立ってきます。
 
ロングコートは長毛種。全身を覆っているふさふさの柔らかい長毛と飾り毛(フリンジ)が特徴となっています。腕の部分としっぽの部分には豊富なふさ毛があります。
 
スムースコートもロングコートもダブルコートになっていて上毛と下毛の二重構造になっており、抜け毛は多いです。柔らかいブラシを使って2日1回程度はブラッシングしてあげるといいでしょう。その場合には獣毛ブラシを使うことがポイントです。換毛期はアンダーコートがたくさん抜けますから、毎日ブラッシングしてあげるようにしましょう。
 

カラーバリエーション

 
チョコタンホワイト、チョコタンチョコクリーム、ブラックタン、ブラックタンホワイト、フォーン、レッドアンドホワイト、クリーム、ホワイトなどと豊富です。
チワワのカラーは、(1)単色(2)メインカラーとまだら模様の2色であるパーティーカラー(3)3色のトライカラーの3つに区分されます。
 
チワワの模様にはグラデーションがかかったようなパターンもあります。クッキリと色が区分されているパターンもあります。そして、ブリンドルの縦縞模様もあります。
 
チワワの模様はとっても個性豊か。眉やアイシャドーのように見えたりすることもあり、ハートに見えたりする場合もあります。
 
チワワには長い期間、特別な規制はありませんでした。どういった毛色も、どういった模様もOKでした。繁殖の制限がありませんし、ブリーダーは、ありとあらゆるカラーパターンを試したのです。けれども、スタンダードが2011年4月1日に改正されました。それ以降「マール」は認められないようになったのです。
 
一般的に犬の毛の模様や色は遺伝子によって決定付けられます。「マール遺伝子」を持っている犬はさまざまな色になります。毛色が淡くなったり、まるで大理石のようなまだら模様になったりします。
 
ですが問題があり、マール遺伝子を持っている犬同士を繁殖に利用した場合に注意が必要です。健康障害を持つ仔犬が生まれるケースが多いからです。こういったことから、チワワもマールは禁止になりました。マールは綺麗で貴重なのですが、繁殖の面では注意をしなければなりません。
 

体型やサイズでの違い

 
チワワの体型は(1)ドワーフと(2)ハイオンの2つのパターンがあります。どういった特徴があるのでしょうか?
 
  • 「ドワーフ」
横から見ると長方形みたいな体型です。足が短い傾向で胴体が長いです。むっちりとしていて骨太。昔ながらのチワワの体型なのです。
 
  • 「ハイオン」
足長でスリムタイプですから、バンビを彷彿させます。横から見ると体型は正方形で身体の高さも高いです。
 
チワワの体重は個体差があります。標準的なチワワは1キロから3キロ程度。中には1キロ未満の小さなチワワもいます。筋肉質でガッチリタイプのチワワの場合は、別に肥満ではなくても3キロを越える場合もあります。
 
チワワは人気の犬種ですから、ブリーダーも多いです。規制がなかったのでさまざまなブリーディングがされてきました。スタンダードにこだわらないならば、選択肢はとっても多いです。
 
体型・模様・毛色・毛の長さ……組み合わせによってチワワのバリエーションは無限です。街中のペットショップには必ずと言ってチワワはいます。ブリーダーも多いです。

チワワブリーダー チョコタン