チワワの種類

チワワは抜け毛が多い犬種です

カワイイルックスで人気の犬種のチワワ。ダブルコートと呼ばれる二重構造の毛をしています。オーバーコート(上毛)はふわふわしています。アンダーコート(下毛)は皮膚に近い場所に密集して生えています。
 
春と秋の時期は換毛期です。アンダーコートが大量に抜けてしまいます。チワワが歩くだけで、フワフワした毛が、あちらこちらに飛びます。毎日ブラッシングをしてあげましょう。抜けかかっている毛を綺麗に取り払ってあげましょう。換毛期は念入りなブラッシングをしてあげなければなりません。
 
犬の独特の匂いを防ぐには不要な毛を取り去ること。チワワは比較的体臭が少ないタイプです。こまめにブラッシングをしてあげればシャンプーの回数も少なくて大丈夫です。ブラッシングだけでなく、部屋の掃除やチワワの寝床も綺麗に掃除してあげてください。
 
ダニやノミなど犬が嫌う寄生虫の繁殖を予防するためです。皮膚病の予防のためにも綺麗な環境を維持してあげましょう。チワワが気に入っている毛布やタオルがある場合もあるでしょう。それでも与えっぱなしは、良くないです。
 
 

スムースコート(短毛)チワワの抜け毛対策はどのようにすればいいの?

 
短毛種のチワワであるスムースコートならば、抜け毛がないと思っているかもしれませんね。ですが、実際はスムースコートの犬種でも抜け毛はあります。春や秋の換毛期は短いタイプの毛が大量に抜けるのです。
 
柔らかいタイプの獣毛ブラシでブラッシングしてあげましょう。シリコンブラシやラバーブラシも使いやすいですし、のみ取りブラシも揃えておきましょう。抜け毛は毎日ブラッシングしてあげて取りのぞくといいです。顔や足先は少し温かい蒸しタオルを使って拭ってあげましょう。衛生的にしてあげることが大事。
 
皮膚が柔らかいデリケートなお腹や肛門は傷つけないように力加減に注意!手早く丁寧にブラッシングしてあげてください。仰向けに寝かせてあげてお腹をブラッシングするとやりやすいです。飼い主さんのお腹にチワワの背中をぴったりとくっつけるようにするのもありです。そんな風にして立たせてあげてサッとブラシを走らせると上手くゆきます。
 
チワワが年齢を重ねてもブラッシングは毎日してあげましょう。皮膚が刺激されると血行がよくなりますのでブラッシングは有効です。仔犬の頃から習慣にしていけばリラックス効果もありますし、健康維持にも良いです。
 
 

ロングコート(長毛)チワワの抜け毛対策はどのようにすればいいの?

 
ロングコートチワワは長毛種。スリッカーブラシやピンブラシで上毛をすくようにします。その後、コームで整えて仕上げます。コームは粗目と細目があります。場所によって使い分けをするのがポイント。フワフワのチワワになります。
 
スリッカーブラシを使う場合は皮膚を傷つけないように注意しましょう。皮膚と平行に滑らすようにするのがポイント。慣れていない場合は、無理をしないでピンブラシを使うほうが安全でしょう。
 
胸元の毛は逆立てるようにしましょう。フワフワに仕上がりますよ。オシリの毛やシッポの毛も空気を含ませるようにすくと上手くゆきます。ふんわり感を意識して!
 
春や秋の換毛期は電動ブラシを使ってみましょう。下毛をカットして取りのぞくタイプが便利です。特に春時期の換毛期は下毛の手入れをしっかりとしてあげましょう。チワワは暑い環境が苦手な犬種です。春の換毛期は夏に向かって大切な被毛ケアのタイミングなのです。
 
ブラッシングをしたあとは、足や肛門周辺の毛をトリミング用のハサミでカットして仕上げます。小まめに手入れをしてあげると綺麗なロングコートチワワになります。
 
チワワは比較的手入れが楽と言われる犬種です。ですが抜け毛は多いですからブラッシングは不可欠なのです。スムースコートチワワでもブラッシングはできるだけ毎日してあげましょう。ロングコートチワワはブラッシングだけでなく、自宅トリミングも必要になります。プロの手を借りなくても自宅でできます。少しの手間を惜しまないようにしましょう。そうすれば愛らしいチワワがよりチャーミングになります。

関連ページ